FC2ブログ
逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
You Gotta Move
疲れ気味。
けど、動かんとね。

ってことで客先逝ってきました。


 

スポンサーサイト
【2010/02/22 (Mon) 13:25】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
なんという慈愛と友愛じゃ
今となっては「友愛」と聞くと極度な落胆を伴った笑いが出てしまうんですが、大ばばさま、こんなことしゃべってたんかいと今更気づきました。

そういえば「友愛」って、団塊世代の合言葉みたいなものだったっけ。

実際、「友愛」という言葉からは、レンジの狭さというか、「敵」を想定した上での「身内」に対する愛情のような含みがあるよなと思ってたら、雪斎氏が由来を語っておりました。流石学者すなあ。

「友愛」理念の元ネタは、フランス革命の「自由・平等・博愛」の標語の中の「博愛」( fraternité フラテルニテ)であるけれども、それは、正確には「同志愛」と訳すべき言葉である。故に、フラテルニテにおける愛や善意は、「同志」の間だけで通用するものであって、「同志」でない人々には通用しない。だから、革命の最中、フラテルニテの言葉の下で恐怖政治が行われ、「同志と認められない人々」には、ギロチン処刑を含む呵責ない弾圧が加えられた。これが、フラテルニテの言葉の持つ「裏の歴史」である。そういえば、昔日の共産主義者は、仲間のことを「同志!」と呼びかけていたわけであるけれども、「総括」や「粛清」が相次いだ件の人々には、途方もない偏狭の匂いがある。



ネットでは、「あいつ、あんなこと言って総理に友愛されやしないか。」という使われ方がされますが、これはある意味正しいわけです。
 
風の谷のナウシカ [DVD]風の谷のナウシカ [DVD]
(2003/11/19)
島本須美納谷悟郎

商品詳細を見る

【2010/02/20 (Sat) 01:56】 アニメ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Jónsi - Grow Till Tall
少しずつアルバム曲を公開してくれてます。
Grow Till Tallもまた素晴らしい出来。
もうね。来日してくれたら、何があっても行きます。

頭で聴くと(riceboy sleeps + sigur ros) /2といった印象かな。コンピュータの比重が高い分演奏に関して言えばsigur rosのようなオリジナリティは薄まる感はありますが、その分自由に振る舞うJónsiを味わえるようです。改めてsigur rosというバンドの素晴らしさを確認できるとともにJónsiのバンドへの貢献が良くわかるソロ作品になってそうですね。

◆Jónsi - Grow Till Tall



あとライブの舞台演出について簡単に紹介する動画が公開されてます。

Jónsi live show by 59 Productions from Jónsi on Vimeo.



つか、ここまで煽っておいて今だに公式サイトのライブスケジュールに日本が入ってこないんすけど(泣)
 


【2010/02/19 (Fri) 01:51】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ポール・マッカートニー「アビーロード・スタジオを救うことができたらいい」
経営難に陥って売却の話が出てるアビーロードスタジオですが、ポール・マッカートニーがなんか言ってるようです。

http://www.barks.jp/news/?id=1000058459

長い間スタジオと関わってきた人たちの間で、どうにかしてスタジオを救おうって話が出ている。僕も同感だ。彼らが何かできればと願っている。あそこにはビートルズの思い出がいっぱいある」「いまだって素晴らしいスタジオだ。だから、みんなで力を合わせて救うことができたらいい。



自分で全額出して救済するほどには思い入れがないということですね。わかります。
 

【2010/02/19 (Fri) 01:49】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
なんだかんだ言っても秋元康という人は
芸能ニュースを見てたら、AKB48のシングル曲が23万枚を売上げて発売日1位だそうな。

なんだかんだ言っても、秋元康という人は選ばれた人間なんだなあと思ったりしてます。
時代の空気を読んでその空気が変わるか変わらないかの頃合を見計らって「ぶっちゃけ」て空気の変化を決定付ける役割ですな。

かつて、アイドルについてそれをやらかした氏は、今回、音楽の販売形態についてそれをやらかしちゃった感があります。
音楽というか具体的にはCDシングル曲ということになります。

とにかくもCDが売れない時代。
そんな中、CDシングルという形態はもはやその存在意義すら疑問視されるようになってました。

売上が落ちる中、あからさまなドーピングで売上を水増しして話題を作り上げる手法も横行しましたね。ダウンロードが売上を伸ばしている中、なおのこと「CDシングルのヒット」の権威は落ちていきました。
しかし、「ヒット」という言葉が乗っかれば話題にはなりその後の活動に弾みがつきますから、業界の人は、そんなことは表立っては口にしないわけです。

そんな中、AKB48は下積みのアイドルや演歌の人が地道な活動の中で行っていた握手によるCD販売を拡大していき、ファンに同じCDを大量購入してもらう仕掛けを追及しつつ、電通と組んで出来る限りのメディア戦略を展開した結果、今回のような結果を得ることが出来たと俺は認識してます。
#批判もあるでしょうが、俺は「商売」として割り切った場合、事業を継続するためにこういう方法も「あり」と考えてます。まだまだ赤字でしょうし大変だろうと思いますよ(笑)

あからさまに、「楽曲のヒットなんて話題づくりのダシでしかない」と言ってるようなもんです。音楽業界の多くの人が加担しつつも、あからさまに言わなかった事実。

結果的にAKB48の連続ヒットという事実は、CDシングルの価値の下落を決定づけることになるんだろうなと思います。

今回、氏の武器である「言葉」ではなく、行動で示したあたり面白いと思ってます。

【2010/02/18 (Thu) 01:46】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
壁できたよー
http://vancouver.yahoo.co.jp/photos/detail/20100214-00000009-jij_vanp-spo.view-000

12日に発生したグルジア選手の死亡事故を受けて、リュージュ・コースのカーブ出口外周に設置された木製の壁(13日、ウィスラー)(時事通信社)



こ・・・これでいいのか?・・・・

柱に緩衝材巻いたりとか、もっと色々出来そうなもんだけど。

【2010/02/15 (Mon) 10:09】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
jónsiのアルバムgoのアコースティックバージョンの公開ページ
こんなページがあることに今気づいた。

http://jonsi.com/news/listen-to-live-acoustic-set

wnycというラジオで、インタビューとともに公開したものらしいですね。
boy likikoiは、アコースティックギター、go doはウクレレ、around usはピアノで披露されてます。
#go doは紹介済みですが。

良いです。
アルバムにボーナストラックとして入れてくれまいか?
Jónsi: Around Us (Acoustic session, WNYC 2010) by Jónsi
Jónsi: Go Do (Acoustic session, WNYC 2010) by Jónsi
Jónsi: Boy Lilikoi (Acoustic session, WNYC 2010) by Jónsi


【2010/02/13 (Sat) 18:21】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
BS特集世界をどう再生するのか~世界経済フォーラム2010~ (前・後編)

BS1 2月13日(土) 午後10:10~午前0:00

スイスのダボスで毎年開かれる、世界経済フォーラム。40周年となる2010年のテーマは「世界の再構築」。一番の注目は“アジアの動向”だ。中国、インドなど新興国の力強い経済成長は、世界経済の新たなけん引役となる一方で、人権問題や貧困などの負の面が浮上することも考えられる。アジアの持続的成長は可能か? また統合の道は? ダボス会議の会場で公開討論を実施。首脳や専門家たちの熱い議論の様子を伝える



かんべえ氏のサイトで知る。
NHKがダボス会議でオーガナイズしたセッション。鳩山氏はドタキャンして古川元久副大臣が参加されてるとのこと。
面白そうです。
 


【2010/02/13 (Sat) 16:29】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.